スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろあって

こんにちは

もうすっかり秋ですね

最近、調子がいいな~と思っていたのに
先週の日曜日、思いもよらない出来事が。。


朝、起きた時
いつも以上に喉に違和感があり、痰もへばりついている感じ。
(痰はここ1ヶ月くらいずっと喉にある。けど、そんなに気にしてませんでした。)
顔を洗って、コンタクトをつけて
いつもと同じように朝ご飯を食べようとしても、目の前に用意されてある大好物のゴーヤチャンプルーに手がのびない
どうした??
食欲ないけど、まずは味噌汁を一口。
ゴーヤチャンプルーも半分位食べたけど、気持ちが悪くなって・・・
その後も水を飲んでみても・・・ダメ。
午前中はなにも胃が受け付けず、ベッドに横になっても楽にならなくて久しぶりに具合が悪かった頃を思い出しました。
久しぶりの感覚。
懐かしい!?ような、
もう二度と味わいたくない苦しさだったり、
病気のこといやが上にも考えてしまいました。


夕方近くなって、りんごのすりおろし食べれてひと安心
夜は温そうめん少しとコーンスープ

翌日にはすっかり吐き気もなく元気になりました!!
原因はなんだったのか未だにわからないけど、
今、変わらずもとの体調に戻ってよかった


そして、昨日「フットケアの2回目の講座」へ参加してきました
今回は先生の実演を見てフットケアのやり方や順番などを教えてもらい、実際に2人1組で初めてフットケアさせてもらいました。
先生がやってると簡単に見えるのに、難しい

なにせ今日出会ったばかりの人様のおみ足
さっき先生の実演を見てやり方もメモしたばかりなはずなのに何をどうしていいのか

まず最初に洗面器に熱湯を準備して、細長い状態にしたタオルの両端を持って熱湯につけた後そのまま絞って足を温めるんですが、
私はなにを考えていたのか
タオルを細長くすることも両端を持つこともせず、ただ熱湯に投入(笑)
案の定、100℃で沸かしてた熱湯からタオルをつまんで出すこともできずに、、
先生も苦笑い
自称、手の皮が厚いと言っていたおみ足をお借りしていた方に絞っていただきました

その後も先生+そのお方にてとり足とり教えてもらいました。
私の他にも2名、今日初めてフットケアをした方がいらしたんですが、
その方たちが両足終わっても私は・・・
両足やるのに何分かかってたんだろ

今日、なぜかおしりだけ筋肉痛になってるし(笑)
なぜいつもおしり??

でもまだまだこれから



※両親は私がフットケアの講座で長時間外出することや感染症にかからないかとか色々心配なみたい。日曜に体調が急に悪くなったこともあって、まだ家で大人しくしてろって言う。
昨日は家に帰ってきたとたん母から父が「こうやって出歩いてばかりいて、来月骨髄検査もあって大切な時期に・・再発してもしらないから!!」って言ってたって聞かされた。
心配してくれる気持ちはわかる。
わかるけど、そんな言い方ないじゃんって思って
すごく
悔しかった。
昨日は父とロクに目も合わせませんでした。
・・・ちょっとやり過ぎだったと少し反省したので、
今日は普通にしよう


最後まで読んでくれてありがとうございます


にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
にほんブログ村
クリックありがとう
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

どうも。アクティブに活動してますねぇ。

自分が白血病になって実感したのは、
"やってみたいことは、やれるときにやっておこう"
ってことですかねぇ。

自分が、動けると思ったらやればいいんですよ。
でも、調子が悪い時は、無理しちゃダメです。

親にとって子はいつまでも子供。
過剰な心配は、どの家庭も同じです(笑)

Re: No title

> ちょもらんまさん☆
こんばんは。
返信遅くなりました!!


アクティブ加減はちょもらんまさんには負けますよ(笑)

そうですよね!!
動ける時に動く。

これからもやりたいと思ったことにはチャレンジ精神で!!

いつも元気になるコメント
ありがとうございますe-454

※腰痛、少しでも和らぐようにe-133

親の気持ち

つんさん、はじめまして。
ALL経過観察1年10ヶ月の高1娘の母です。
わたしは親だからかな~。お父さんお母さんの側の気持ちで、つんさんのブログを読み始めました。

最近は少し放任放置ぎみですが、それでもやはり体調上変わったことはないかな~と毎日様子をみます。>うざいと言われます。きっとふつうの女子高生だったら気にしないような事まで口にすることもあり。<今ちょっと我慢しつつ。

こんな心配性な母とは違ってもっとおおらかな夫もすごーく心配な症状かな~の時は体をはって登校をやめさせて「取り返しのつかないことになったらどうするんだ」と言って予約外外来に連れて行った日もあります。幸いそれほど心配なものではなく私達夫婦はほっ。娘はやはり不機嫌でしたね(^^;

つんさんは娘より少しお姉さんですが、いくつになっても心配なんですよー。ってことで小さいことでいいから、ありがとう!とお父さんお母さんに声かけてあげてくださいね。

今月初めに「ちょーやさしんじゃね」とるんるんしながらコンビニスイーツを買ってプレゼントしてくれた娘にうるうるした母です(^^; きっとそういうささやかな小さい事、うるうるしますよー。

Re: 親の気持ち

>あっきさん☆はじめまして。
コメントして頂き、ありがとうございます。
あっきさんの娘さんもALLで闘病されていたんですね。
やさしい娘さんですね。
あっきさんの言葉、胸に深く受け止めました。


今までどれだけ父母そして家族のみんなに心配や迷惑をかけてきたのか、
今の自分があるのはみんなのお陰ですごく感謝してるのに、
いい歳をして未だ素直に表現できない自分がいますe-281
ダメですね。。

私はこの病気になる前から・・
特に大学生の頃は父に反抗したり何度も連絡なしに夜遅く帰宅したりなど、心配ばかりかけていました。
大学卒業後、社会人となりやっと少しずつ周りに目を向けることができるようになったものの、父母への感謝気持ちがすごくあるのに誕生日など特別な日にしか、それもぶっきらぼうに伝えることしかできていませんでした。
そして病気になって、改めて家族みんなの大切さを身にしみて感じたのに、

体調が戻ってきて元気に動けることが嬉しくて、少しでも前に進みたくて
また自分勝手な考え方に偏っていってました。
「ありがとう」ってもっと素直に言いたいし、父のチョットした話にももっと耳を傾けないとですね!!
あっきさんありがとうございます★
クリック
プロフィール

つん

Author:つん

こんにちは。
ここに来てくださり嬉しいです。
コメントなど、気軽にどうぞ☆


~病気になってからのこと~
病名は「急性リンパ性白血病」

*2009年5月*
体調が良くなく、自宅近くの内科を受診⇒即大学病院へ入院
・・・入院中は主に抗がん剤治療を受ける
*2010年1月*
無事に退院⇒自宅療養後、10月にアルバイトを始める
*2011年6月*
病気再発⇒入院⇒
11月骨髄移植を受ける
(ドナーさん本当にありがとうございます。)
*2012年1月 退院*
→11月 自宅療養中でしたが、移植1年記念のマルクで悪い細胞がいることがわかり、11月28日から再度入院。
*2013年3月15日に臍帯血移植
 →7月10日に退院
自宅療養中でしたが、、
 →11月5日の外来で「再燃」を知る。
→11月25日 ハプロ移植をするため転院
→12月18日ハプロ移植
*2014年 3月6日 退院*
→5月7日~肺炎等で入院
→7月30日退院
現在は自宅療養中です!!

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
訪問者
月別アーカイブ
骨髄バンク
クリックで救える命がある。
リンク
海好き
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。